• Home
  • 書籍
  • 雑誌
  • コミック
  • DVD・CD
  • デジタルコンテンツ
  • お問い合わせ
発売日:2010年07月23日
判型:A5判並製
ISBN:978-4-403-25104-7
本体価格:2000円(税抜)

ホトトギスの俳人101

(ほととぎすのはいじん101)

稲畑汀子:著  

虚子以降のホトトギス113年の歴史の中から101人の俳人を 選び出し、代表句と鑑賞文を収録。収めきれなかった重要な 俳人36人を「さらにこの人たち」として代表句10選を収めた。 合計1875句、俳句本流の名作を一望する!


● 虚子時代
高濱虚子 (明治七〜昭和三十四)
村上鬼城 (慶応元〜昭和十三)
赤星水竹居 (明治七〜昭和十七)
西山泊雲 (明治十〜昭和十九)
飯田蛇笏 (明治十八〜昭和三十七)
原 石鼎 (明治十九〜昭和二十六)
池内たけし (明治二十二〜昭和四十九)
山口青邨 (明治二十五〜昭和六十三)
高野素十 (明治二十六〜昭和五十一)
後藤夜半 (明治二十八〜昭和五十一)
川端茅舎 (明治三十〜昭和十六)
今井つる女 (明治三十〜平成四)
佐藤念腹 (明治三十一〜昭和五十四)
阿波野青畝 (明治三十二〜平成四)
五十嵐播水 (明治三十二〜平成十二)
景山筍吉 (明治三十二〜昭和五十四)
山口誓子 (明治三十四〜平成六)
中村草田男 (明治三十四〜昭和五十八)
深川正一郎 (明治三十五〜昭和六十二)
岡安迷子 (明治三十五〜昭和五十八)
星野立子 (明治三十六〜昭和五十九)
大久保橙青 (明治三十六〜平成八)
武原はん女 (明治三十六〜平成十)
松本たかし (明治三十九〜昭和三十一)
池内友次郎 (明治三十九〜平成三)
長谷川素逝 (明治四十〜昭和二十一)
京極杞陽 (明治四十一〜昭和五十六)
伊藤柏翠 (明治四十四〜平成十一)
高木晴子 (大正四〜平成十二)
上野章子 (大正八〜平成十一)
深見けん二 (大正十一〜 )
● 年尾時代 
高濱年尾 (明治三十三〜昭和五十四)
河野静雲 (明治二十〜昭和四十九)
中村若沙 (明治二十七〜昭和五十三)
福井圭児 (明治三十三〜昭和六十二)
小畑一天 (明治三十三〜昭和六十三)
下村非文 (明治三十五〜昭和六十二)
合田丁字路 (明治三十九〜平成四)
篠塚しげる (明治四十三〜平成八)
西村 数 (明治四十四〜平成十八)
今村青魚 (大正元〜平成六)
桑田青虎 (大正三〜平成十八)
後藤比奈夫 (大正六〜 ) 
野見山朱鳥 (大正六〜昭和四十五)
上野 泰 (大正七〜昭和四十八)
湯浅桃邑 (大正八〜昭和五十六)
嶋田一歩 (大正十二〜 ) 
藤松遊子 (大正十三〜平成十一) 
大橋敦子 (大正十三〜 ) 
松尾緑富 (昭和二〜 ) 
嶋田摩耶子 (昭和三〜 ) 
成瀬正俊 (昭和五〜平成二十)
荒川あつし (昭和六〜昭和五十三)
柴原保佳 (昭和八〜 )
● 汀子時代
稲畑汀子 (昭和六〜 )
田畑美穂女 (明治四十二〜平成十三)
浅井青陽子 (明治四十二〜 )
粟津松彩子 (明治四十五〜平成十七)
瀧 青佳 (明治四十五〜 )
藤崎久を (大正十〜平成十一)
上崎暮潮 (大正十一〜 ) 136
坊城としあつ (大正十一〜平成二十二)
竹下陶子 (大正十二〜 )
千原草之 (大正十四〜平成八)
小島左京 (大正十四〜 )
吉年虹二 (大正十四〜 )
山内山彦 (大正十四〜平成十)
塙 告冬 (大正十五〜平成二十一)
辻口静夫 (大正十五〜 )
井上哲王 (大正十五〜平成十五)
吉村ひさ志 (大正十五〜平成十八)
今井千鶴子 (昭和三〜 )
藤浦昭代 (昭和三〜 )
坊城中子 (昭和三〜 )
岩垣子鹿 (昭和四〜平成二十二)
千原叡子 (昭和五〜 )
星野 椿 (昭和五〜 )
佐土井智津子 (昭和七〜 )
安原 葉 (昭和七〜 )
橋田憲明 (昭和八〜 )
山田弘子 (昭和九〜平成二十二)
中杉隆世 (昭和十〜 )
河野美奇 (昭和十〜 )
稲岡 長 (昭和十一〜 )
長山あや (昭和十一〜 )
水田むつみ (昭和十七〜 )
後藤立夫 (昭和十八〜 )
内藤呈念 (昭和十八〜 )
山田閏子 (昭和十九〜 )
湯川 雅 (昭和二十一〜 )
黒川悦子 (昭和二十二〜 )
岩岡中正 (昭和二十三〜 )
三村純也 (昭和二十八〜 )
今橋眞理子 (昭和三十〜 )
稲畑廣太郎 (昭和三十二〜 )
坊城俊樹 (昭和三十二〜 )
荒川ともゑ (昭和三十四〜 )
涌羅由美 (昭和三十九〜 )
山田佳乃 (昭和四十〜 )
立村霜衣 (昭和四十六〜 )
阪西敦子 (昭和五十二〜 )
● さらにこの人たち
中村吉右衛門 (明治十九〜昭和二十九)
水原秋櫻子 (明治二十五〜昭和五十六)
大森積翠 (明治二十六〜昭和五十九)
高岡智照 (明治二十九〜平成六)
増田手古奈 (明治三十〜平成五)
田畑比古 (明治三十一〜平成四)
中村汀女 (明治三十三〜昭和六十三)
安積素顔 (明治三十四〜昭和二十四)
中井余花朗 (明治三十九〜昭和六十二)
国弘賢治 (大正二〜昭和三十四)
村松紅花 (大正十〜平成二十一)
清崎敏郎 (大正十一〜平成十一)
宮崎 正 (大正十一〜 )
中村田人 (大正十二〜 )
副島いみ子 (大正十三〜 )
蔦 三郎 (大正十五〜 )
高田風人子 (大正十五〜 )
岡安仁義 (昭和三〜 )
依田明倫 (昭和三〜 )
五十嵐哲也 (昭和四〜 )
大久保白村 (昭和五〜 )
奥田智久 (昭和六〜 )
木村享史 (昭和八〜 )
川口咲子 (昭和十一〜平成十四)
川口利夫 (昭和十六〜 )
坂井 建 (昭和二十二〜平成十四)
浅利恵子 (昭和二十二〜平成十八)
岡田順子 (昭和二十三〜 )
小川龍雄 (昭和二十七〜 )
湖東紀子 (昭和二十九〜 )
藤井啓子 (昭和二十九〜 )
須藤常央 (昭和三十一〜 )
奥田好子 (昭和三十一〜 )
山下しげ人 (昭和三十四〜 )
小林一行 (昭和三十四〜 )
相沢文子 (昭和四十九〜 )
鑑賞者別・担当項目一覧

著者紹介
稲畑汀子(いなはたていこ)
昭和6年(1931)横浜生まれ。若くより父高濱年尾、祖父高濱虚子に俳句を学ぶ。昭和54年(1979)「ホトトギス」主宰。同57年(1982)より朝日俳壇選者。平成12年(2000)虚子記念文学館の創設館長。カトリックの信仰に裏付けられた謙譲で明るい人間性と統率力で伝統俳句を牽引すると共に、「見るより観るへ」「言葉の連想軸の重視」「人間も自然の一部」「二十一世紀の鍵は自然」などの巧みな標語を発信し俳句界に影響を与え続ける。句集『汀子第一?第五句集』。著書『定本虚子百句』等多数。
Page Top