• Home
  • 書籍
  • 雑誌
  • コミック
  • DVD・CD
  • デジタルコンテンツ
  • お問い合わせ
発売日:2010年08月31日
判型:A5変並製
ISBN:978-4-403-25105-4
本体価格:2000円(税抜)

幽霊学入門

(ゆうれいがくにゅうもん)

河合祥一郎:編  

幽霊の正体とは? 科学から哲学まで駆使して検証する「幽霊学」 (Ghost Studies)の最新ガイド。心霊トリック写真も多数収録!結局、幽霊を語る我々は自分自身のことを語っているのだろう。この本を読み終えたとき、あなたは幽霊になっているかもしれない。


序 河合祥一郎

西洋編 

ヨーロッパ中世の幽霊 小林宜子
シェイクスピアの幽霊 河合祥一郎
ゴシック文学の幽霊 今本 渉
アメリカン・ナラティヴの幽霊学 巽 孝之
ベケットとモダニズム文学の幽霊 田尻芳樹
ヴィクトリア朝の幽霊探究 風間賢二
幽霊屋敷考 加藤耕一
女と幽霊――リメイクされる女の性 小澤英実

コラム 演劇の幽霊 鵜山 仁


東洋編 

日本幽霊学事始 諏訪春雄
能の幽霊 松岡心平
幽霊西東――中国と英国と 南條竹則
千里眼事件とその時代 長山靖生
近現代日本の幽霊文学史をたどる 東 雅夫
現代幽霊小説ベストテン――人間という虚数 三浦雅士


あとがき 河合祥一郎
執筆者略歴/索引

著者紹介
"河合祥一郎(かわい・しょういちろう)
東京大学大学院総合文化研究科准教授。1960年生まれ。東京大学より博士号、ケンブリッジ大学よりPh.D.取得。『ハムレットは太っていた!』(白水社、2001)でサントリー学芸賞とAICT演劇評論賞受賞。その他の主著に『シェイクスピアは誘う』(小学館、2004)、『「ロミオとジュリエット」——恋におちる演劇術』(みすず書房、2005)ほか。共著にThe Routledge Companion to Directors’ Shakespeare (Routledge, 2008)ほか。角川文庫よりシェイクスピア新訳刊行中。"
Page Top